ずっと働けるフリーエンジニアへの道

フリーエンジニアにとって生命線となるのは自分に合った仕事の獲得であり、それが実現できればそれを遂行することは可能と考えてもよいでしょう。
それを実現するために、営業代行を依頼するというのも一般的な方法であり、これは自分のスキルに合った仕事を紹介してもらいながら生活できるというものです。

そういった場合には、エージェントとの関係を保つのがとても重要になります。
仕事を紹介して企業に満足を与えることができなければ、エージェントも仕事の依頼を獲得することができなくなってしまうため、よりよい成果を挙げられるフリーエンジニアに優先して仕事を与えがちだからです。

一方、エンジニアからの信頼を受けて、多くの人に登録してもらい、企業に紹介できる候補者を増やすことも大切であることから、できる限り全員に仕事を絶やさないようにするという配慮もしてくれます。
しかし、うまく当てはめられない仕事の依頼がある場合に、適した仕事がない人に依頼を渡さざるを得ないという状況もできてしまうことがあります。
そういった案件の処理担当にさせられないような関係を保つことが大切になるのです。

中年を過ぎると創造性や体力の低下の影響もあって仕事の紹介が減ってしまいがちで、そういった行き先に困った案件が渡されがちになります。
しかし、そんな時期でも成果を挙げて、エージェントとの良好な関係を保てると、自分の能力に合った案件を紹介してもらい続けられるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です