フリーエンジニアの営業活動はどうするか

会社組織において、ある程度システムエンジニアとして実力がついていたと感じるようになってきたのなら、会社を辞めてフリーエンジニアとして個人で企業と契約し、仕事を請け負う様にすると、収入がサラリーマン時代と比べて格段にアップする可能性が高くなります。
しかし、企業からの報酬の中には、会社組織の中にいた時には考えなくてもよかった交通費や諸経費、税金、保険などすべてを含んだ形で計算し、それに利益を含んだ金額で契約しなければなりません。
また、仕事が途切れてしまった場合は、その間の収入は全く無いため、絶えず仕事が途切れないように営業活動もしっかりと行う必要があります。

エンジニアとしての仕事と営業活動を同時に行うことはかなり大変であり、営業手腕も必要になってきます。
それを補ってくれるのが、フリーランスITエンジニア専門のエージェントの存在です。仲介エージェントに営業活動を任せて、自分はシステムエンジニアの仕事に集中することが出来るかわりに、仲介に対する支払いが発生します。
いいエージェントに出会えれば、それだけ高額報酬で無理の無いいい仕事の話を持って来てくれる可能性が高くなるので、仲介業者は慎重に選ぶ必要があります。

そのうちフリーエンジニアとして仕事を長い間やっているうちに、次第に営業活動を行わなくても声をかけてもらえるようになるかもしれません。
それまでは仲介をしてもらって仕事を請けるという形が望ましいでしょう。
専門エージェントを活用するにあたり、探し方やメリット等がこちらに記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>