フリーエンジニアが良好な仕事を得る方法

エージェントを活用して仕事の紹介をしてもらうことが、フリーエンジニアの間で一般的になっています。
これは、ある程度継続的に仕事を獲得し続けられると期待されることに加えて、営業活動に時間を割かなくてよい分だけ、エンジニアとしての仕事に集中することができるからです。

しかし、よい仕事を紹介してもらえるかどうかというところが疑問視される場合があります。建前の上では、企業から依頼があった場合に、在籍しているエンジニアの中で最適と思われる人材から順に、その仕事の紹介が行われるということになります。
しかし、実際にはそこに主観的なパラメーターが入ってきてしまうことは否めないからです。
したがって、良好な案件の仕事を紹介してもらえるようになるためには、業績や資格等の客観的な指標をしっかりと作っていくことも重要ですが、エージェントとの良好な関係を保つということも重要になるのです。

そのためのコツとして挙げられるのが、依頼を断らないということです。
たとえ自分の専門から外れていたとしても、それはわかっていて紹介してくれている可能性が高く、そういった場合においても意図を察して、専門でないことは示唆した上で受諾してあげると、好印象を与えることができるのです。
事情は様々であり、適任者が仕事が多くて受けられなかったからであったり、自分に回せる仕事が他にないからという理由であったりします。
そういったときに恩を作るのが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>